薬の瓦版
薬の瓦版=平成27年3月17日= 第16号

以下、テキスト版です。

大田区薬剤師会        薬の瓦版            2015年(平成27年)3月17日(火曜日)     (ほぼ週刊)
発行:大田区薬剤師会
東京都大田区中央3−1−3
アルカディア中央1階
お薬手帳をお忘れですか?
 私たちは体調を崩したと き、さまざまな薬を用いて 健康体に戻ろうと努める。 時には医療機関にかかっ て、医師から複数の薬を処 方してもらうこともあるだ ろう。ただ、複数の病を患 っていたりケガを負ったり していた場合、処方される 薬も増え、患者本人がその すべてを覚えておくのは難 しい。
 そんなときに心強いの が、「お薬手帳」。処方さ れた薬の名前や注意事項、 飲み方などを専門の薬剤師 が手帳に記録することで、 どんな薬がどれくらい自分 に処方されているのかがひ と目でわかるようになる。 かかりつけとは別の病院に かかったときにも、この手 帳を見せることで「今、こ んな薬をこれくらい飲んで いて……」と本人の口から 医師に説明するよりも確実 だ。
 医師が処方した薬の名称 や量、服用回数、飲み方な どの調剤情報を記録するお 薬手帳は、複数の医療機関 で薬が処方された場合で も、医師や薬剤師が薬の重 複や不適切な飲み合わせが ないか等の確認を行うのに 役立つもので、現在は主に 紙の手帳が利用されてい る。
電子お薬手帳
 ところで、紙の手帳は、 薬局から受け取る調剤情報 シールを貼り付けたり、自 分でメモを書き込めたりす る手軽さがある一方で、前 述したように薬局への携行 を忘れてしまった場合や、 手帳自体を紛失した場合 等、調剤履歴を継続的に蓄 積、管理するのが難しいと いう一面もある。
 そこで最近登場したの が、「電子お薬手帳」であ る。スマートフォンにアプ リをダウンロードして、お 薬の情報等を電子的に書き 込んで患者さんの服薬状況 や体調管理に活用する仕組 みが登場している。紙の手 帳と違って紛失する危険も ないし、紙幅制限もないか ら更新時もスムーズだ。ま た、紙では実現し得ないさ まざまな追加サービスも充 実している。
 「健康記録」の機能では、 身長と体重を入力すればB MI値も自動で計算してく れるため、ダイエットを意 識している人にはありがた い。そのほか、血圧と脈拍、 歩数、血糖値なども入力で き、その変化をグラフで可 視化することが可能だ。登 録した体重推移をグラフで 確認。血液・尿検査などの データも登録できる。デー タとして入力できれば、前 回の検査結果との比較や、 長期スパンでの状態の確認 もしやすい。自分の体のこ とを、より深く理解するこ とができる。
 患者のスマートフォンと 薬局のパソコンを介して両 者のコミュニケーションを 円滑に図れるメッセージ機 能が大きな特徴となってい る。このほか、患者向けの サービスとして薬の飲み忘 れをアラームで教える服薬 チェック機能、体調管理機 能などを備えている。
厚労省が推進
 厚生労働省でも、ワーキ ングチームが「医療資源の 有効活用に向けた取組の推 進」の中で電子お薬手帳に 言及している。
 紙媒体のお薬手帳よりも 携帯性の高い携帯電話やス マートフォンに、お薬手帳 のデータを電子的に記録す ることで、受診時のお薬手 帳持参し忘れを防ぐことが できると考えられており、 医療資源を有効に活用する ために、今後の対応として、 ICTを活用した主な取組 の一つにお薬手帳の電子化 の促進を掲げている。  既に、電子お薬手帳共通 データ規格が提供されてお り、医療機関のシステムで 利用できるよう準備が進め られているところである。 数年後には全国的に広まる かもしれない。
役立つお薬手帳
 ▼救急隊の皆さんがま ず最初に見るものは持参 されたお薬ではなく、お 薬手帳の中身である。
 ▼ER等で活躍してい るドクターがまづ最初に 何を見るか。お薬自体を ドクターはあまり見てい ないので、お薬手帳の中 身を見てから状況を判断 して治療にあたる。
 ▼昼間に体調が悪くて 近くのクリニックを受診 し、処方薬の服用を始め た。しかし夜中に具合が 悪くなり救急病院を受診 したところ、「どんな薬 が昼間に出ましたか?」 と聞かれた。手許に何も なくて、「わかりません」 と答えたら、「飲んでい る薬がわかると、症状の 判断や治療を考える上で とても役に立つのです」 と言われました。それ以 来、そのお母さんはお薬 手帳をちゃんと持ってく るようになった。



上へ