薬の瓦版
薬の瓦版=平成27年11月9日= 第36号

以下、テキスト版です。

大田区薬剤師会        薬の瓦版            2015年(平成27年)11月9日(月曜日)     (ほぼ週刊)
発行:大田区薬剤師会
東京都大田区中央3−1−3
アルカディア中央1階
薬の危険な飲み合わせ・食べ合わせ
 薬は病気を治すために必 要なものですが、飲み方を 間違うと危険なこともある のです。中国には「医食同 源」という古くから伝わる 言葉があります。病気の治 療もふだんの食事も、とも に人の生命を養い健康を維 持するためのもので、その 源は同じとする考え方で す。日本では昔から、「ス イカと天ぷら」、「ウナギ と梅干し」など食べ合わせ のよくないものは気をつけ るように、生活の知恵とし て伝えられてきました。で は、お薬の場合はどうでし ょうか。
 水以外の飲み物で薬を飲 んでしまうと、薬の作用効 果が低下したり、まったく 効果が無くなってしまうこ ともあります。また、逆に 作用が強くなることで思わ ぬ症状が出るという危険も あるのです。1つずつでは 問題ない薬でも、薬と薬の 飲み合わせ、または薬と食 品(飲み物/嗜好品含む)の 食べ合わせによっては、よ くない影響が出る組み合わ せがあります。この影響を 相互作用といい、注意して 防がなくてはなりません。
カフェイン
 コーヒーや紅茶、緑茶に 多く含まれるカフェイン は、尿酸の排泄を妨害する 働きがあるので、痛風治療 薬の働きを妨害する可能性 があります。また、カフェ イン自体で頭痛や心臓の心 拍数が上がってしまったり 気持ちがイライラしてして しまう事があり、場合によ っては全身に湿疹が起こる 事があります。カフェイン の取り過ぎが体に良くない といわれる理由のひとつで す。
 普段の生活で飲む飲み物 にどれくらいの量のカフェ インが含まれているのでし ょうか?実は、生活で何気 なく飲んでいるものが意外 と摂取量が多かったりする ことがあります。飲み物の カフェイン含有量を参考に してみて下さい。左表で自 分がどのくらいカフェイン を摂取しているか確認して みましょう。ちなみに、大 人の1日の適度なカフェイ ン摂取量は200mg〜3 00mgです。
 カフェインを取り過ぎて しまった際の対処法も紹介 しておきます。▼水分補給 をする▼カルシウムを摂取 する カフェインによる利 尿作用で失われてしまった 水分やミネラルを補給する ことで正常な状態に戻りま す。スポーツ飲料を飲む事 でももちろん大丈夫です。
炭酸飲料
 アスピリン入りの風邪薬 は、炭酸ガスの効果で胃が 酸性に傾くので効果が減弱 します。また風邪薬だけで はなく胃薬も同じ。その理 由は、制酸剤の胃薬は胃酸 を中和するための薬なので すが、薬が炭酸ガスの酸性 を中和するのに働き、本来 の働きが弱まるそうです。
お酒
 お酒と薬を一緒に飲むの は非常に危険です。アルコ ールを分解する酵素が肝臓 にはありますが、この酵素 は薬の成分を有害な物質に 変化させてしまう場合もあ ります。命にかかわる重篤 な事態を引き起こす事もあ りますので、絶対に薬とお 酒を一緒に飲んではいけま せん。アルコールを飲んで いるときに薬を飲むと、薬 に対する肝臓の解毒作用が 遅れ、いつもより効き目が 強くなる傾向があります。 とくに睡眠薬、精神安定薬、 鎮痛薬などでは効き目が増 強され、意識障害を起した り、昏睡状態におちいるこ ともあります。



上へ