薬の瓦版
薬の瓦版=平成27年12月24日= 第39号

以下、テキスト版です。

大田区薬剤師会        薬の瓦版            2015年(平成27年)12月24日(月曜日)     (ほぼ週刊)
発行:大田区薬剤師会
東京都大田区中央3−1−3
アルカディア中央1階
認知症を見守ろう
認知症に備えるアプリ
 認知症では、本人自身が 検査を受けることを拒むこ とが多く、発見の遅れが問 題になっています。本人が 拒否している以上、身近な 方もあまり認めたくないと いう思いもあり、強く受診 を勧められないケースもあ るようです。
 「認知症に備えるアプリ」 は高齢者自身や家族など身 近な人が、数ステップの簡 単な質問に答えるだけで、 認知症の有無を客観的に判 別できます。親が認知症に なってしまったかもしれな いと感じた時、怖がる親を 病院に連れていくことなく 認知症のチェックが出来ま す。いわば、「そっと見守 る」ことができるのです。
 このアプリの認知症判定 には、東京都大田区の3医 師会が発表している方法を 採用しており、感度は93. 9%・特異度は82.1%で す。ただし、本アプリの結 果が医師の診断に代るもの ではなく、認知症の有無を 断定するものではありませ ん。早めの受診を後押しす るツールの一つです。
利用者に最も適した地域の情報を提供
 判定結果が「疑いがない」 場合には、認知症に備えて 自分の正確な意思を残すた め、近くの任意後見人無料 相談窓口を紹介していま す。「疑いがある」場合に は、認知症に対応可能な医 療機関を紹介しています。 また、地域包括支援センタ ーの連絡先など認知症の予 防や介護に必要な地域の情 報を提供しています。  気になることがあれば1 度チェックしてみてはいか がでしょうか。



上へ