大田区薬剤師会活動案内
私たちは、身近で気軽に専門的支援が受けられる医療拠点を目指しています。

そのための取り組みの一端をご紹介します。

節薬バッグ


薬局や薬店で新しいお薬を手に入れたとき、既に使用している薬やサプリメントと相互作用を起こさないかを、チェックしてもらっているはずですが、時間がたつと、忘れてしまいませんか。
また、定期的に服用している薬でも、何らかの事情で残薬の日数が不揃いになっていませんか。

かかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師は、日常的に服用している処方薬、市販薬、サプリメントなどの副作用や相互作用などの問題をチェックいたします。
残薬の不揃いを解消すべく、処方医と連携して対応いたします。

ご用命の際は、実際にお使いのお薬やサプリメントをお持ちいただいても大丈夫です。

似たような名前の薬やサプリメントがあるので、それぞれの商品名を覚えてくるのはとても大変です。大田区薬剤師会会員薬局では「ブラウンバッグ」と呼ばれる、ご持参用のバッグを用意しております。お気軽にご相談ください。

ブラウンバッグ運動とは
薬局薬剤師が中心となって、患者が日常的に服用している処方薬、市販薬、サプリメントなどの副作用や相互作用などの問題をチェックするプログラムです。1990年代にアメリカで、茶色の紙袋に薬を入れて薬局に持ってくるように働きかけたことから「ブラウンバッグ運動」と名付けられました。

お薬手帳を活用していますか?


服用した薬の記録を残すことは、あなたがこれから治療を受けるときの大切な資料になります。複数の病院・診療所や歯科医院を受診する際にお持ち頂くと、他院の処方薬を医師に伝えることができます。薬局では同じ成分の薬が重複していないか、相互作用はないかをチェックしています。

また災害時には、かかりつけの病院などに受診できなくても、それまでと同じ薬を継続する事が可能になるメリットもあります。

あなたの「お薬の記録」は、あなたの「財産」です!


上へ